ふじた歯科 諫早 矯正歯科 美容診療 ホワイトニング 小児歯科

セラミック治療システムの特徴

院長ブログ ふじた歯科ブログ 京子先生コラム スタッフコラム 長崎アンチエイジング歯科医のブログ Facebook スタッフブログ Instagram
Mobile Site
HOME»  セラミック治療システム

「セラミック治療システム」の特徴

~短期間で終了するむし歯治療~


皆さんは短期間で虫歯の治療が終わるセラミック治療システムをご存知でしょうか?
『セラミック治療システム』とは、セラミックを使った治療法です。

セラミック治療システムでは、削った歯を直接CCDカメラで撮影し、その画像をデータ化、パソコン上で詰め物やかぶせ物を設計し、作製します。

この方法を『光学印象』と言います。
以前は静止画を撮影していましたが、セラミック治療システムの機械では口の中を動画で撮影しデータを取り込みます。
コンピューターに取り込んだ患者様の歯のデータをもとに被せ物や詰め物を設計していきます。

この機械が型どりをしない治療、より精密な詰め物、被せ物を作ることを可能にしました。

ではなぜ、型どりをしない方が精度が上がるのでしょうか?

まず通常の技工物の作り方を見てみましょう。
通常技工物は歯科医師が型どりをすることを起点としてし、歯科技工士が作製します。
どのような手順で完成するか簡単に紹介したいと思います。

一般的な歯科修復物セットの流れ

手順1:虫歯を削って歯の形を整える。
手順2:型どりをする。(歯科医院)
手順3:型どりをしたものに石膏を流し模型を作る。(歯科医院または技工所)
このように技工物が皆様の口に入る前には多くの手順を踏んでいるのです。
ただ、手順の多さはそれだけ誤差の多さに繋がります。
各手順で、肉眼では判明できないような、僅かな歪みが生じてしまいます。
皆様も経験があると思いますが、出来てきた技工物が1回で装着できない場合もあります。これはこの手順の多さで、誤差が積み重なることが大きな原因になっているのです。
では『セラミック治療システム』の場合の手順を説明します。

手順1:虫歯を削って歯の形を整える。
手順2:CCDカメラで削った歯の写真を撮影する。
手順3:コンピューター上で技工物の設計をする。
手順4:設計された形にセラミックブロックを削りだし完成。
手順5:お口の中に撞着

と、手順もかなり簡略化されています。
工程が少なく、コンピューターでの設計なので人為的なミスはほとんどありません。

金属アレルギーの問題

金属アレルギーとは?

通常、金属そのものは身体に対して無害なものですが、身体に長時間触れていたり、口腔内に保持されると、汗や唾液などの体液によってイオン化され体内に取り込まれます。
取り込まれた金属イオンは体内のタンパク質と結合し、このタンパク質と結合した物質を異常な異物と生体が間違って認識するとアレルギー性を持つようになります。
そして再び同じ金属が身体に入って異常と検知判断すると、生体は皮膚や粘膜を破壊していきます。
これが金属アレルギーの発現メカニズムです。
 

金属アレルギーの原因は?

金属アレルギーの原因となる金属に、ニッケルNi、コバルトCo、パラジウムPd、銅Cuなどがありますが、どれも歯科治療に頻繁に使用される金属です。
ここで、東京医科歯科大学歯学部付属病院歯科アレルギー外来のデータを見てみましょう。

金属アレルギーの治療法は?

金属アレルギーの解決法は原因となっている金属の除去になります。
しかし、例え金属を除去したとしても直後に症状が改善する人が50%にすぎず、治療後2年経過しても残りの50%のうちの半数は症状が改善されないという研究結果がでています。(東京医科歯科大学 三浦宏之教授の研究)
つまり、4人に1人は金属を除去しても金属アレルギーは治らないのです。
また金属アレルギーの話をよくコップに注がれた水に例える先生もいます。
コップの容量いっぱいは水を受け止められるが、一度容量を超えると溢れてしまう様子が、金属アレルギーにも共通しているからのようです。
コップの大きさは人それぞれで、アレルギーの許容量も個人差が大きいものです。
「私はいつも金属の指輪やネックレスをしているから大丈夫よ」と思われるかもしれませんが、いつ誰が発症するか、絶対にこの人は問題ないとは言い切れないのが現状です。
金属アレルギーは症状がないうちは全く気付かず、一度症状が出てしまうと治すのは容易ではないという難しい疾患です。
予防として可能な限り金属を使わないことが重要だと考えます。

当院では、治療が始まる前に、治療内容や、被せ物・詰め物の材料などの説明を行い、治療を開始しております。
ご質問等あれば、スタッフまでお気軽にお声かけください。

 

PAGE TOP