ふじた歯科 諫早 矯正歯科 美容診療 ホワイトニング 小児歯科

義歯のQ&A

院長ブログ ふじた歯科ブログ 京子先生コラム スタッフコラム 長崎アンチエイジング歯科医のブログ Facebook スタッフブログ Instagram
Mobile Site
HOME»  義歯のQ&A

義歯のQ&A

密着性があり歯ぐきが痛くならない義歯はないでしょうか?

Q(質問)

保険で作った入れ歯を入れていますが、歯ぐきにあたって痛くなります。その都度歯医者さんで調整してもらってますが、何か歯ぐきにやさしい入れ歯はないのでしょうか?

A(お答え)

歯ぐきの状態も毎日同じではありません。日々変化していきます。

歯ぐきが痩せてしまうと今まで使用していた入れ歯もがたついたりし歯ぐきが痛くなったりすることもあります。

保険診療で作った義歯もいいのですが、自費治療の「コンフォート義歯」があります。

歯ぐきに優しく密着感がありとても素晴らしい義歯です。

噛みごたえやフィット感を要望されるのならば、「コンフォート義歯」をお勧めしたいと思います。

コンフォート義歯とは、硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションのようなもので覆う新しい入れ歯の技術です。

生体用シリコーンの弾性が、入れ歯で噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、すばらしい

吸着力を発揮します。
歯ぐきにも優しいコンフォート義歯です。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

噛みごたえのある入れ歯はありませんか?

Q(質問)

義歯(上の歯はすべてありません)を入れていますが、

噛めることは噛めるのですが少し外れやすい感じがします。

もっと噛みごたえのある義歯はないのでしょうか?

自費治療の入れ歯を考えています。

A(お答え)

総義歯を入れていらっしゃるのですね。

義歯にも保険の義歯・自由診療の義歯など色々な種類の義歯があります。

噛みごたえやフィット感を要望されるのならば、「コンフォート義歯」をお勧めしたいと思います。

コンフォート義歯とは、硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションのようなもので覆う新しい入れ歯の技術です。

生体用シリコーンの弾性が、入れ歯で噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、すばらしい

吸着力を発揮します。
歯ぐきにも優しいコンフォート義歯です。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

ラミネートべニアとオールセラミッククラウン

Q(質問)

前歯の神経を抜いて歯の色が悪いのでラミネートベニアかオールセラミックの歯を入れたいと思いますが、ラミネートべニアでは歯の色がきれいに出ないときいたことがあるのですがどうでしょうか?

A(お答え)

神経を抜いて時間が経過している場合は歯の変色が強くなっていると思われますが、歯の表面だけを削って処置するラミネートベニアよりも、全体を被せるオールセラミックの方が良いと思われます。

オールセラミックにも種類があり、最近ではジルコニアセラミックというすばらしい被せ物もあります。現在、強度的に最も強く破折の危険性が少ないと云われています。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

セラミッククラウンのかんだ時の音について

Q(質問)

セラミックという噛んだときにキュキュという音がするような気がしますが

いかがでしょうか?

A(お答え)

セラミッククラウンを入れた後に多少キュキュとかみ合わせた時の音が

気になるかもしれませんが自然に慣れてきて気にならないようになると思われます。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

透明感のある歯を入れたいのですが・・・

Q(質問)

現在保険でさし歯を入れているのですが、

写真に写ると前歯だけが強調されて写ってしまいとても前歯にコンプレックスがあります。

透明感のある自然な歯を入れることは可能でしょうか?ジルコ二アを入れたいと考えています。

A(お答え)

写真うつりで前歯だけ白っぽくまたは黒っぽく写ることがありますね。

気になるお気持ちがわかります。ジルコニアセラミックは高額な治療となります。

そこで 仮装着で色調、歯の形態、噛み合わせの問題などを患者様と確認してから

最終的に装着するようにしております。

患者様が希望されるような歯が装着できるようにできる限りの努力をいたします。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

歯ぐきの隙間が気になります

Q(質問)

オールセラミックを入れようと思っていますが、年齢的に歯ぐきがやせていて歯ぐきと歯の隙間が気になります。この隙間はどうにかならないでしょうか?

A(お答え)

歯肉退縮(歯ぐきがやせる)によるブラックトライアングルと呼ばれる隙間などから
問題を解消することはできないかもしれません。

無理に隙間を埋めることにより、逆にオールセラミックの形態がわるくなったり、
清掃がしにくくなり、歯槽膿漏を悪化させることにもなります。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら


 

メタルボンドやエステ二アクラウンの強度について

Q(質問)

メタルボンドやエステニアクラウンを入れた状態になってからはどれくらいの強度があるのでしょうか?現在は奥歯でもかたいものが怖くて噛めない状態ですが、最終的に治療が終わってからは気にせず何でも噛めるようになるのでしょうか?

A(お答え)

メタルボンドやエステニアクラウンを装着後、
基本的には特に意識することなく食事は可能となります。

しかし、絶対に破折しないセラミックは存在しないので、
破折するリスクは存在するという認識は必要だと思います。

天然歯に優る人工歯は存在しないと思います。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら


 

すきっ歯なのですが矯正治療以外で治療は可能でしょうか?

Q(質問)

私は下の前歯が2本なく(生まれつき)すきっ歯です。

矯正治療は装置をつけたりするので、かなり抵抗があります。

矯正治療以外で治せますか?

A(お答え)

隙間をなくす方法はいくつか方法があります。

ただし歯の大きさや形によって方法が変わってくると思います。

ラミネートベニアという方法で隙間の両隣の歯につけ爪のように

薄いセラミックスを貼る方法や歯を削る量は多くなりますが、

オールセラミックスなどで被せ物をして隙間を治すという方法もあります。

歯の状況によってはブリッジにした方がよいということもあります。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

いろんな種類の被せ物があり、何を選択したら良いのかわからないのですが?

Q(質問)

いろんな種類の自費の被せ物がありますが、自分の口の中の状態にあった被せ物をしたいと思っていますが、何を選択したら良いかわかりません。

A(お答え)

被せ物にもたくさんの種類ありますので、大変迷われますよね。

ふじた歯科では、患者様の口の中・口腔内写真やレントゲンを診ながらコンサルジュが

患者様のご要望をお聞きし、方法・ご予算・期間など、最適なメニューをご案内させていただきます。
カウンセリングは無料で、無理に押し付けることはございませんので、お気軽にご相談ください。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

義歯について

Q(質問)

私は20代の女性ですが、下の奥歯がなくインプラントか入れ歯を考えています。

しかし、インプラントとなると仕事の都合上来院が難しくできれば義歯を入れたいと思っています。

何か入れ歯と気付かれないような入れ歯はありませんか?

A(お答え)

奥歯がないのですね。

奥歯がないとしっかり噛むことができませんね。

はやく噛めるようになりたいですよね。

仕事の都合上来院が厳しいとのことでしたので、

入れ歯を考えられているのですね。

目立たず気付かれず・・フレキサイトデンチャーがあります。

保険の入れ歯になると金属の留め金のようなものがあり、見た目が気になりますが

このフレキサイトデンチャーは留め金の部分がないのでなかなか入れ歯をつけているとは気が付かれにくいと思います。

その上 軽くしっかり口の中になじみやすいものです。

こちらの入れ歯ならばきっと違和感なく装着することができると思います。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

ゴールドコアについて教えてください

Q(質問)

根の治療が終わり次から土台の型取りになりますが、

土台にも種類があるようなので詳しく教えていただきたく思います。

気になっているゴールドコアについて教えてください。

A(お答え)

ハイ、ゴールドコアについて説明いたします。

ゴールドコアは、金合金(20K)や白金加金(PGA/プラチナ加金)などの貴金属を使用した保険適用外の土台(コア)です。

金合金(20K)や白金加金(PGA)は、耐久性が高く腐食や変色が起こりにくい金属です。

金属アレルギーを起こしにくいため安心して使用することができます。

コアの強度が高く耐久性があり、

金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配が少なく、

精密に製作することができるため、コアの脱落などのトラブルが起こりにくいです。

しかし、硬く弾性がないため、歯根が破折する危険があります。

保険適用外でもうひとつファイバーコアがあります。

→ファイバーコアは弾性があるので歯根破折の心配が少ないとても優れたコアです。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

治療開始日について

Q(質問)

自費の被せ物を入れたいと思っています。

できるだけはやく被せ物をしたいと思っているのですが、初めて来院してカウンセリングその日に治療をしていただけますか?

A(お答え)

大変申し訳ありませんが、一度もお口の中の状態を診たことがないので、どのような治療が必要になるかわかりませんので、カウンセリング当日の治療は難しいと思われます。

初めて来院された日には、検査(口腔内写真・レントゲン撮影など)説明を行い、次の来院時に

口腔内写真レントゲン写真などを見ながらコンサルジュより詳しく治療計画を説明し、また患者様のご希望をしっかりお聞ききします。

患者様のご希望に添えるようにしっかりとカウンセリングを行っております。

できるだけはやく被せ物を入れたい気持ちは大変よくわかりますが、高価な被せ物をいれられる予定ですので、ぜひしっかりとカウンセリングを受けていただきたく思います。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

仮歯について

Q(質問)

診療中に仮歯と耳にしますが、仮歯とはどのようなものでしょうか?

これから保険外治療で前歯を治療していきたいと思っていますが、仮歯を入れるのでしょうか?

A(お答え)

仮歯とは型取りし、次に被せ物が入るまでに仮につけておく歯の事です。

この仮歯はとても大切なもので、見た目の問題ももちろんですが、歯ぐきとのフィットを精密にあわせしっかり調整したうえで仮歯をセットしていきます。

仮歯のフィット感がよくないと歯垢がたまったり、歯ぐきが腫れたりもします。

歯ぐきが腫れているときれいな被せ物もできません。

仮歯は患者様一人ひとりに合わせて日常生活の中で不快感のないように

しっかりと調整して作りセットしています。

このようにしっかりとした仮歯が入ると日常生活で困らないので、歯医者さんに来院されない方も稀にいらっしゃいます。

仮歯のままで放置しておくと、治療前より歯がわるくなってしまうこともあります。

仮歯はあくまでも仮だということを忘れずに、治療していきましょう。

しっかりとした仮歯を入れ、そのあとにはきれいな被せ物が入りますので、

その喜びを私たちスタッフ一同と味わいましょう。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

矯正治療後の注意点は?

Q(質問)

矯正治療が終盤戦に入ってきました。

注意点など教えてください。

A(お答え)

矯正治療で歯並びやかみ合わせをよくして、失われていた機能的な面や見た目も改善することでしょう。

大切なことがあります。

矯正治療後の予防です。(もちろん矯正治療中も大切です)

矯正治療をして、歯並び・かみ合わせも良くなったのにその後のケアがしっかりしていないと虫歯や歯周病になってしまいます。

歯の健康が損なわれ、歯の寿命も短くなってしまいます。

何年もの間(短期の方も)、矯正装置を装着してがんばってきたものの、その後(装置除去後)予防をしっかり行わず、虫歯になってしまった、歯周病になってしまったとなると今までの頑張りはなんだったのでしょうか?・・ということにならないように・・・

しっかり定期健診を受け、ご自分でもしっかり予防しましょう。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

口角炎とかみ合わせ

Q(質問)

私は口角によく炎症を起こす事が多いのですが、よく胃が悪いと口角炎や口内炎ができやすいといいますが、

胃が悪いのかと思い検査したところ異常はありませんでした。

歯と口角炎などには何か関係があるのでしょうか?

A(お答え)

口角炎や口内炎ができやすい時は胃が悪いこともありますが、

そのほかに歯のかみ合わせがわるいことが原因でできることもあります。

歯の摩耗や欠損から上下の歯の間隔が短くなると、唇の周りの皮膚が余って口唇の形が変わります。

口唇はへの字になり、口角にしわが出てきます。

そのしわに唾液がしみこみ、本来は口唇でない皮膚に常に唾液が付いてしまい、
冬の時期になると乾燥と湿潤の繰り返しによって、小さいひび割れから炎症していきます。
加齢とともにお口の周りのしわや口角炎が気になるようでしたら、一度歯の異常が原因になっている可能性が高いと思われるので歯科医に相談されることをお勧めします。
お口周りのしわが減り、若返りが望めるのでないでしょうか。

ホワイト二ングで白くならないものは他に方法はありますか

Q(質問)

ホワイト二ングしても白くならない場合、他に方法はありませんか?

A(お答え)

ラミネートベニア法があります。

この方法は歯の表面を一層削り、セラミック製の薄いシェルを、歯の表面に貼り付けます。

歯をほとんど削らないのでとても自然な感じに仕上がります。

歯を白くすると同時に歯の形も変えることもできますので見た目も改善できるメリットがあります。

セラミック治療の型取りについて

Q(質問)

セラミックの治療の型取りときは治療時間がかかると聞きましたが、

なぜですか?

A(お答え)

普通の治療の型取りとは違い精密な型取りとなります。

ふじた歯科では、型取り後の寸法変化が少なく、歯茎の奥の方まで型取りをしても、ちぎれる事無く精密な型取りができるような処置をしています。

型取りは時間のかかる処置ですが、セラミックの適合が悪いと、歯茎がすぐに暗くなったり、汚れが溜まったり、新しい虫歯の原因になるため、精密な型取りを行う必要があります。

型取りまでの前準備の時間が長く、患者様には大変な時間に感じるかもしれませんが、

機能的にすばらしいセラミックを作るには、このような型取りを行う必要があります。

精密な型取りをするために、型取りの直前に歯と歯茎の間に糸を入れます。

歯肉圧排とよばれているこの操作も時間がかかり、麻酔が必要で、型取りの後に痛みが出る事もありますが、歯茎の奥の根の部分まで型取りするには、必ず行う必要があります。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

歯の形を希望できますか

Q(質問)

矯正治療できれいに歯は並びましたが、きれいに並ぶと今度は歯の形が気になってきました。

前歯が真四角で分厚く、形をもっと柔らかいイメージに変えたいと思いますが、歯の形を変えることは可能でしょうか?

A(お答え)

きれいに歯が並ぶと今度は歯の形や色が気になってきますよね。

歯の形や厚みに関しては十分にご希望におこたえすることができると思います。

ラミネートベニヤやオールセラミックスクラウンなどいろいろと方法はあります。

詳しくは歯科医師にお尋ねください。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

銀歯を白くしたいのですが?

Q(質問)

銀歯を白い歯に変えたいと思いますが、保険治療で白い詰め物はありますか?

A(お答え)

保険治療でも白い詰め物入れることができるケースもあります。

CR(コンポジットレジン)というもので、プラスティックのような樹脂性のものを詰めるものですが、

強度的にも弱く、変色しやすく、色調も限られている点などからあまりおすすめはできません。

銀歯が入っていた範囲が大きいとCR不可能なことが多く、虫歯の範囲(健全な歯質量)によってできないケースもあります。

保険外治療のエステ二アINやポーセレンINなどはご自分の歯の色にも合わせることができ強度もあるので機能的にも見た目にも優れています。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

ノンクラスプデンチャーの寿命について

Q(質問)

保険外治療のフレキサイトデンチャーを検討中ですが、

高価なものなのでそれなりの寿命を知りたいのですが?

A(お答え)

ご自分の歯も歯ぐきも日々変化していきます。

体調不良でかなりやせられたりすると歯ぐきもやせて義歯が外れやすくなったという経験もある方も多いと思います。

フレキサイトデンチャーはもし歯槽膿漏などで歯が抜けたりした場合今まで使っていたフレキサイトデンチャーに増歯(義歯に人工歯を足すこと)することができません。

フレキサイトデンチャーが割れたり、折れたリした場合に修理ができない。

また、強く当たっているところは削れますが、隙間があいているときは適合の合わせを足せないことがあります。

以上のような状況が起きることが1つの寿命ともいえます。

手入れの仕方でもずいぶん変わってきます。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

保険の銀歯とセラミックの歯ではどちらが虫歯になりにくいですか

Q(質問)

保険の銀歯とセラミックの歯ではどちらが虫歯になりにくいですか?

A(お答え)

セラミックの歯のほうが虫歯にはなりにくく、歯も長持ちします。

土台の種類(ファイバーコアなど)によっても変わってきますが、歯を

削る方法や型とリの材料や方法、仮歯の適合性や完成した被せ物の適合精度や歯に装着する接着剤の種類など治療の工程や使用材料が異なります。

しっかりとした丁寧に製作されたセラミックの表面は滑沢なので細菌の付着も少なくなります。

そして歯槽膿漏にもなりにくい材質となります。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

金属アレルギーについて

Q(質問)

最近 手のひらにできものができていますが金属アレルギーとの関連があるのでしょうか?

A(お答え)

口の中の金属が原因でこのような症状がおこることがあります。

口の中の金属はイオンが溶出して、全身に廻っていくため身体のどこにアレルギー反応が出るかはわかりません。

症状があれば、専門家に診てもらうことをおすすめします。

もし、金属を身に付けていないのにアレルギー反応がでたり、口の中に違和感がある方は一度専門家に診てもらうことをお勧めします。(パッチテストなど)

ニッケル、クロム、水銀、パラジウム、スズはアレルギー反応を起こしやすい金属といわれています。

金属をすべて安全な材料に置き換えるのがベストですが、治療費もその分高額(保険外治療)になります。どの材料を用い、どの程度取り換えるか、歯科医と十分な相談が必要です。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

保証期間はありますか?

Q(質問)

保険外治療を考えていますが、保証期間などはあるのでしょうか?

A(お答え)

保証期間は被せ物の種類によって変わってきます。

詳細はふじた歯科HPの料金表をご覧になるとすべて表示しています。

※保証期間については、最低3ヶ月ごとの定期検診を受けることが条件となります。定期検診の受診がない場合は、保証いたしかねます。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

フレキサイトデンチャーができるまで何回通院しますか

Q(質問)

フレキサイトデンチャーを入れたいと思いますが、どのような治療をするのでしょうか。

A(お答え)

まず歯型をとり、次の来院時にかみ合わせの記録をし、次には入れ歯が入ります。

3回でできる予定です。

従来の入れ歯は安定させるためにバネが必要でしたが、フレキサイトは金属のバネが見えず、入れ歯を入れていることに気付かれにくいものです。

見た目にも優れ、異物感もなく、軽く、汚れが付きにくく、においも付きにくいなどのメリットがあります。

適合性も良く、物が詰まりにくくなっています。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

歯並びや噛み癖などの影響で老化の原因になるのでしょうか?

Q(質問)

歯並びや噛み癖によってしわや老け顔の原因になるのでしょうか?

A(お答え)

歯並びにおいて前歯の位置(凹んでいるなど)が悪かったり、歯が抜けたりすると

顔にゆがみが生じ、しわやたるみの原因になることがあります。

噛み癖で、長年片方の歯だけで物を噛んだりしていると顎のバランス

がわるくなります。

しっかり噛むことで口の周りの筋肉の老化を防ぐことにもつながります。

良く笑ったり、話したりすることでも筋肉の老化を防止します。

しわ・老け顔の予防にもなります。

しっかりとしたかみ合わせ・美しい白い歯で口の老化防止をしましょう

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

ゴールドインレーについて教えてください

Q(質問)

現在歯科通院中ですが、奥歯にゴールドインレーを詰めようと考えていますが、ゴールドインレーについて教えてください

A(お答え)

ゴールドインレーは天然歯に近い硬さなので周辺の歯や噛み合う歯を痛めません。

ぴったりと歯に収まり、詰め物と歯の隙間から新たな虫歯ができにくく、金属アレルギーがおこりにくく、

腐食することもないので安心して永い間ご使用いただける優しい金属です。

☆長崎県諫早市ふじた歯科では「ホワイト二ング・美容診療」に関するQ&Aを連載しています

     →歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

     →ふじた歯科へのメール相談はこちら

美容診療の本当の意味

Q(質問)

美容診療というものは見た目だけのものなのでしょうか?

A(お答え)

確かに見た目の面がクローズアップされますが、実は

見た目以外に大変重要な利点があります。

セラミックスは生体親和性がよく、歯ぐきや歯の周りの組織にとても優しく、表面が滑沢でなめらかなので、プラークがつきにくく、着色が起こりにくい、また硬さが天然歯と同程度で噛みあう歯に負担をかけないなど利点があり、

見た目だけではなく長期安定した状態で使用でき、虫歯や歯周病を予防するという利点があります。

見た目だけでセラミックスを入れると思われている方も多くいらっしゃると思いますが、それは間違いです。

セラミックスは保険外治療になりますが、保険治療ではカバーできない部分をセラミックス(保険外治療)は可能にしてくれます。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

歯ぐきの黒いラインが気になります

Q(質問)

数十年前に前歯にさし歯をいれましたが、そのさし歯と歯ぐきの間が黒くなっています。

とても気になりますが、改善できますか

A(お答え)

おそらく歯ぐきが後退して金属の部分がみえているのでしょうね。

被せ物の裏打ちとして金属を使用していたので、金属が見えているようですね。

そこで、金属の裏打ちがなく、金属アレルギーの方にも安心して使える被せ物があります。

ただし保険外治療になりますが、コア(土台)から金属を使わず(ファイバーコア)、被せ物も金属を使わない(ジルコ二アセラミックス)方法があります。

こちらは歯ぐきの黒いラインが気になることはないと思います。

歯ぐきの境目の黒い線もなくなり、美しい口元が再現できると思います。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

ジルコ二アについて

Q(質問)

ジルコ二アセラミックスとは何ですか?

A(お答え)

ジルコニア セラミックスとは、デンツプライ三金が2005年に国内で初めて厚生労働省の許認可を取得した歯科治療素材です。

原料である酸化ジルコニアはその驚くべき強度が注目され、スペースシャトルの耐熱タイルやF1のブレーキシステムの部品に採用されてきたようです。

また、人体に対する安全性(生体親和性)もこの素材の特長で、整形外科の分野では人工関節の材料として活用されています。

金属素材を使った歯科治療と比較すると・・・

・金属アレルギーのリスクがほとんどない

・天然の歯に近い美しさ

・表面が滑らかで汚れにくく細菌の付着が少ない

などのメリットがあります。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

ホワイト二ングと詰め物のやり変えはどちらからすべきでしょうか

Q(質問)

ホワイト二ングと詰め物のやり変えはどちらから先にしたほうがよいのでしょうか?

A(お答え)

ふじた歯科では、まずホワイト二ングをはじめられて患者様が理想とする歯の白さになってきて、患者様が歯の白さに納得された地点から被せ物や小さい範囲の詰め物(CRなど)をやり変えるようにしています。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

親がたばこを吸うと子の歯ぐき真っ黒?

以前朝日新聞に「親がたばこを吸うと子の歯ぐき真っ黒?」という記事が掲載されていました。

これは父母などの同居者に喫煙者がいると幼稚園児や小学生が虫歯になりやすくなったり歯ぐきが黒ずんだりする傾向にあるそうです。

岡山大学の下野勉教授の研究チームの調査によると受動喫煙が影響している可能性があるそうです。

成人の方で歯ぐきの黒ずみが気になる方が多くいっらっしゃいます。

こちらは「ガムブリーチ」で黒ずみをピンク色に戻すことができます。

ある薬液を塗布するもので比較的簡単な治療です。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

ノンクラスプデンチャーとはどのようなものですか

Q(質問)

ノンクラスプデンチャーとはどのようなものですか?

A(お答え)

金属のバネを使わない自然で美しい快適な入れ歯の事です。

こちらは保険適応外の治療となります。

自然な美しさで金属のバネがないため見た目もきれいで、入れ歯だと判りにくく、

金属のバネで固定する部分入れ歯に比べると金属のバネのない入れ歯は残っている歯にも負担をかけずしっかりと入れ歯を固定することができます。

しっかり噛めます。

入れ歯自体が軽いので、口の中がすっきりつけ心地がよく違和感も少ないのでお食事も会話も気持ちよくできます。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

p

クラウン・ブリッジとはなんですか

Q(質問)

歯医者さんで説明のときに「クラウン」「ブリッジ」という言葉を聞きますが、

何なのですか?

A(お答え)

歯の被せ物の治療法の事です。

クラウンとは歯全体を覆いかぶせるタイプの歯の事です。

作る素材によって名前が変わりますが、差し歯もクラウンの一種です。

ブリッジとは欠損した部分を補うために、その両側の歯を支柱にして橋を架けるように装着したものです。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

カウンセリングにて症例を見せていただけますか?

Q(質問)

カウンセリングの時に、症例集などを見せていただけますか?

A(お答え)

はい、ふじた歯科ではカウンセリング時に、実際に当院にて行った治療の写真をお見せいたします。歯科材料店のサンプル写真ではなく実例をお見せすることにより、ご自身の歯の治療後をイメージできると思われます。

口答にて説明してわかりにくい部分を症例集にてわかりやすくなると思います。

良質な治療を判断していただくためにカウンセリングに力を入れています。

個室のカウンセリングルームも設置しており、患者様の歯についてのご相談・悩み・ご希望をゆっくりと時間をお取りし、安心でき治療を開始いただけるようコミニュケーションの充実も目指しています。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

被せ物について

Q(質問)

現在前歯の根の治療をしています。そろそろ被せ物をするための準備に入る頃となりますが、保険適応外の被せ物にする予定ですが何かない限り一生ものになるのでしょうか?

A(お答え)

難しい質問ですね。

正直「一生ものになるか」という発想は捨てていただきたく思います。

一日3食最低でも3回は使う歯です。熱いものが入ったり、冷たいものが入ったり刺激を受けています。

また、清掃不良のため2次的な虫歯になることもあります。

保険適用外の被せ物にはふじた歯科では保証期間というシステムがあります。

その点をどのような被せ物にするか決めるときにしっかりとお尋ねください。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

奥歯に銀歯を入れていますが笑っていると目立つようなのですが、他にいい方法はないですか?

Q(質問)

奥歯に銀歯をたくさん入れていますが、笑ったときにきらっと目立ってしまいます。

ポーセレンィンレーかハイブリッドセラミックスィンレーにしようかまよっています。

どちらが良いと思いますか?

A(お答え)

見た目や耐久性から考えるとオールセラミックスが良いと思います。

奥歯ということなので、患者様がそこまで見た目をこだわるかにもよります。

ハイブリッドセラミックスでも見た目には美しく仕上がります。

銀歯を白くきれいなハイブリッドセラミックスやオールセラミックスに変えることで

思いっきり笑えるようになると思います。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

歯が抜けたままになっていますが、このままで良いのでしょうか?

Q(質問)

数年前に抜歯し、特に支障がないのでそのまま放置していますが、

このままで良いのでしょうか?

A(お答え)

歯は上顎14本・下顎14本で平衡感覚を保っています。

1本でも喪失してしまうとその両側から歯が傾き噛み合わせのバランスが少しずつ狂ってきます。

その結果、肩こりや偏頭痛、胃腸障害などの病気を招いてしまうことがあります。
抜けたところにブリッジや義歯・インプラントなどの治療を行うことをおすすめします。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

保険治療のさし歯による歯ぐきの黒ずみは身体に影響があるのでしょうか?

Q(質問)

保険治療のさし歯による歯ぐきの黒ずみは身体に悪影響なのでしょうか?

A(お答え)

歯ぐきの黒ずみなどの原因にはいくつかありますが、保険治療のさし歯による歯ぐきの黒ずみの時はその使用されているクラウンの内面の金属によるものが大半です。

特に身体に悪影響を与えることはありませんが、多種類の金属を混ぜ合わせた金属を使用しているため金属アレルギーの方は何らかの影響が出てくる可能性があります。

金属アレルギーについては皮膚科で検査するとはっきりとわかります。

気になる方はセラミック素材で作られた被せ物をお勧めします。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

ガムブリーチとは何ですか?

Q(質問)

私はタバコを吸うためか歯ぐきの色が青紫色でとても気にしていますが、ガムブリーチというものを

聞いたことがあるのですがどのようなものなのでしょうか?

A(お答え)

ガムブリーチとは黒ずんだ歯ぐきを薬液によってきれいなピンク色にするものです。

薬液を塗布してピンク色のきれいな歯ぐきにしていくものです。

歯ぐきが黒くなるのは、メラニン色素が粘膜の下に付着する為であって、
日焼け、たばこなどが原因と言われています。
また、もともとメラニン色素の多い方や肌の色が黒めな方は歯茎も黒くなりやすい傾向があるようです。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

コアとはなんですか

Q(質問)

コアとはどのようなものですか?

A(お答え)

コアとは土台の事で、神経を取った後に被せ物をするときに歯を補強するものです。

種類は保険適応のメタルコア・レジンコアや保険適応外のファイバーコアがあります。

メタルコアとは・・・・

保険適応されていて、材質には金銀パラジウムや銀合金が使用されています。

長所としては安価でほとんどの症例に使用可能です。

短所としては金属が歯よりも硬いために、歯が割れる可能性が高く、金属には銀が含まれているので腐食したり、歯ぐきが黒ずんだりします。

レジンコアとは・・

保険適応されています。

長所として見た目はきれいで、保険が適応されています。

短所としては歯質が多くのこっていないと適応できません。

ファイバーコア・・・

保険適応外です。

グラスファイバーを束ね、高い強度のマトリックスレジンを含み、重合させた土台です。

弾性係数が金属コアに比べ象牙質に似ていて歯のたわみに応じて屈曲しながら応力を分散するので、歯への負担を大幅に軽減するため、歯根破折も起こりにくいコアです。

ファイバーコアのファイバー樹脂は腐食せず、イオン溶出による歯ぐきの黒ずみや変色の心配がありません。

オールセラミックによる修復と併用すると歯に透明感があり、光の透過性により見た目に優れたものができます。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

Q(質問)

コアとはどのようなものですか?

A(お答え)

コアとは土台の事で、神経を取った後に被せ物をするときに歯を補強するものです。

種類は保険適応のメタルコア・レジンコアや保険適応外のファイバーコアがあります。

メタルコアとは・・・・

保険適応されていて、材質には金銀パラジウムや銀合金が使用されています。

長所としては安価でほとんどの症例に使用可能です。

短所としては金属が歯よりも硬いために、歯が割れる可能性が高く、金属には銀が含まれているので腐食したり、歯ぐきが黒ずんだりします。

レジンコアとは・・

保険適応されています。

長所として見た目にきれいで、保険が適応されています。

短所としては歯質が多くのこっていないと適応できません。

ファイバーコア・・・

保険適応外です。

グラスファイバーを束ね、高い強度のマトリックスレジンを含み、重合させた土台です。

弾性係数が金属コアに比べ象牙質に似ていて歯のたわみに応じて屈曲しながら応力を分散するので、歯への負担を大幅に軽減するため、歯根破折も起こりにくいコアです。

ファイバーコアのファイバー樹脂は腐食せず、イオン溶出による歯ぐきの黒ずみや変色の心配がありません。

オールセラミックによる修復と併用すると歯に透明感があり、光の透過性により見た目に優れたものができます。

ファイバーコアについて教えてください

Q(質問)

ファイバーコアとはどのようなものですか?

A(お答え)

金属のコア(虫歯になった歯や歯冠部を失ってしまった歯の根っこの部分を補強する土台のようなものです。神経がない歯は栄養分が行き届かなくなるため歯が脆くなってしまいます。そこで歯の根にコアと呼ばれる土台を入れて補強する)は硬すぎて、かみ合わせの強さなどによって

歯根を傷めてしまう場合があります。

しかし、ファイバーコアは歯の象牙質と弾性係数が近似しているので、歯根部への負担を最小限に抑えることができます。金属も使用しないので金属アレルギーの心配もありません。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

ジルコ二アとはなんですか?

Q(質問)

ジルコ二アクラウンとはどういうものですか?

A(お答え)

被せ物の中身に金属ではなくジルコ二ア(人工ダイヤモンドの素材)をしようしたもので,

金属を一切使用しないので、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色や金属アレルギーなどの心配がありません.

強度にも優れ,変色もなく見た目もきれいに美しく仕上がります。

(ジルコ二アの特徴)
・ジルコニアは、金属を超えた強度で従来のセラミックスの3倍以上の強度を持つ。ダイヤモンドに近い強度を誇ります。

・ジルコニアは曲げ強度が非常に高いため、硬さと 欠けにくさ、割れにくさを備えることが可能

・ジルコニアは高い透過性による、透明感野ある白さで金属を使わないため体にやさしい治療が可能となります。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

歯ぐきとラミネートべニアの境目について教えてください

Q(質問)

加齢とともに歯ぐきがやせてくることがあると思いますが、その時にラミネートべニアと歯ぐきの境目が気になってくるのではないでしょうか?

A(お答え)

ラミネートべニアはオールセラミックスで行わせていただく美容診療です。

金属などを使用していないので、継ぎ目は比較的目立ちません。

しかし極端に歯茎がやせて、かなり歯根が露出した際には目に付いてしまう事もあるかもしれませんが、金属色の黒いラインが現れる事はありません。
ふじた歯科では適合精度の高いラミネート治療をおこなっています。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

エステ二アについて教えてください

Q(質問)

エステ二アとはどのようなものですか?

メリットデメリットなども教えてください。

A(お答え)

エステ二アは、セラミック(陶器材料)と、レジン(合成樹脂)を配合させてできた歯冠修復材料です。

セラミック材料を配合することによって、天然の歯と同じような硬さを再現することができます。

かみ合わせることによって他の歯を傷つけたり、すり減らすこともなく、自然な噛み心地になります。

メリットは噛み合わせに違和感がなく、天然の歯の色を合わせやすく、アレルギーの心配がない。

デメリットはすべてセラミック材料(陶器材料)で出来ているオールセラミック治療よりもレジン材料を配合しているため、少し強度が劣るという点です。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

ふじた歯科で美容診療治療を受ける患者様のメリットについて教えてください

Q(質問)

ふじた歯科で美容診療を受けるメリットを教えてください。

A(お答え)

1. 色彩診断機器を使って自然で美しい歯に仕上ます。
自分の歯と同じように見えます。
2. 希望されれば芸能人のような口元になれます。
笑顔に自信が持てるようになります。
3.

満足いくまで歯の色、形を検討して作ります。
大きなお口をあけて笑えます

美容診療とセラミックについて

Q(質問)

セラミックについて教えてください。

A(お答え)

天然歯の色を再現する素材の中で、最もふさわしいのがセラミックスです。
見た目の良さ、耐久性に非常に優れていて変色する心配もありません。
また金属と異なり歯肉に対する副作用もないのです。

ご自分の歯をきれいにしようと考えた時、差し歯の種類はたくさんありますが、
保険のもの(プラスティック)と自費のもの(セラミック、ハイブリッド などの材料があります)
という選択になると思います。

この中で唯一変色しないものは セラミックの歯ということになります。
セラミックの歯は金属の上にセラミックを焼き付けたメタルボンド、
付け爪のようなラミネ-トベニア、
全てがセラミックの冠=オールセラミックと呼ばれるものなどがあります。

美容診療とはどのようなものですか

Q(質問)

美容診療とは?

A(お答え)

はじめて誰かに会うときの第一印象は3秒で決まるそうです。あなたは人と会うとき、そしてお話しするとき相手のどこを見ていますか?
顔のどこを見ているかという実験では、目と前歯を交互に視線を移動させているそうです。

歯はその人の第一印象を決定する重要な要素です。

清潔感、さわやかさ、若々しさ、清々しさなど、好感度のファクターは口もとにあります。
歯の治療も、悪いところだけ削って治す今までの治療から、もっと美しく見えるように治そう、という考え方に変わってきています。
患者様ひとりひとりの顔と調和のとれた美しい口もとを作る美容診療。 いわば「歯のエステ」です。
ふじた歯科は、白く健康な歯・きれいな歯肉・美しい歯並びをつくり、 あなたの笑顔をプロデュースします。

美容診療について詳しく教えてください

Q(質問)

美容診療についてもっと詳しく教えてください

A(お答え)

美容診療とは、通常の歯科治療でやっている、虫歯や歯周病の治療などお口の中の病気を治すことだけが目的ではなく、それ以上に、「見た目を良くする」ということに重点を置いています。
つまり、より美しく健康な歯を作ることにより、美しく健康的な笑顔を作ることを目的としているのです。

具体的には、「より歯を白くしたい」、「今より歯並びをキレイにしたい!」「口の中の銀歯を白くしたい!」などです。清潔感、さわやかさ、若々しさ、清々しさなど、好感度のファクターは口もとにあります。

自分の口もとに自信がもてないために、人前で口を開けることをためらい、手で口を覆って笑う方もたくさんいらっしゃいます。健康な口もとはもちろんのこと、美しい笑顔を手に入れ、笑顔に自信を持つことで、人生がより豊かなものに変わっていくでしょう。

美容診療とは、患者様ひとりひとりの顔と調和のとれた美しい口もとを作る、歯のエステと言ってもいいと思います。白く健康な歯・きれいな歯肉・美しい歯並びをつくり、 あなたの笑顔をプロデュースします。

芸能人と美容診療について

Q(質問)

芸能人はなぜ歯が命というのでしょうか?

A(お答え)

芸能人は歯が命?

いつも人に見られるのが仕事の芸能人。歯は顔のなかで重要なパーツです。
いや商売道具といっても差し支えないのではないでしょうか?
昔前歯が出ていたさんまさんが、いつの間にかまともになった例や、
オリンピックで金メダルととった時に前歯の色が気になったQちゃんが、いつの間にかきれいになったり
また、プロ野球の新庄選手が真っ白い歯に突然歯が変わって、びっくりした。など、芸能人に限らず、
顔の出る有名人にとって、歯は重要なものです。

私は、直接芸能人の知り合いはいませんが、その辺に詳しい友人に聞いたところによりますと、
有名な歌手でも、全ての歯を削って全部セラミック(歯列をすべてつながっているセラミックの歯で覆う)
にしている方も多いそうです。
またTVで見ていて、グルメ番組などでお口の見えるシーンで、ああ、前歯がさし歯だなーと思うことはよくあることです。
私達、専門家からすると、その辺は直ぐ分かります。でもあまり白すぎて少し違和感がある場合が多いようです。

皆さんの憧れの世界の芸能界ですから、芸能人と歯は切っても切れない関係なのでしょうね。

芸能人でなくとも、歯をきれいにしたいと思われる方は多いです。そういうときに美容診療の出番です。

その中で、最も利用頻度が高いのが、セラミックの歯です。

セラミックの歯はメタルボンド、ラミネ-トベニア、オールセラミックと呼ばれるものなどがあります。
虫歯以外で、見た目の改善を目的にセラミック等を応用するケ-スとして
1.歯の色が悪い(白くしたい)場合。2.歯並びが悪い場合。3.歯の形が悪い場合
があげられます。

いずれにしても、良く専門医と相談して、患者様にとって最も良い方法を選択することが大事です。
患者様ごとにお口のなかは違いますし。ご希望も違います。しっかりカウンセリングしてコミュニケーションを良くとることが、大事だと思っております。

歯科:諌早市でホワイトニング・美容診療に取り組むふじた歯科

ふじた歯科へのメール相談はこちら

PAGE TOP